ガッツポーズで健闘を誓う出場校の選手たち=6月30日、福井県福井市の福井県生活学習館

 夏の全国高校野球選手権福井大会の組み合わせ抽選会(7月8日開幕)は6月30日午後3時、一般非公開で福井市の福井県生活学習館(ユー・アイふくい)で開かれ、参加30チームの対戦が決まった。春の福井県大会で4強入りした敦賀気比、福井商業、大野、北陸の順で第1~4シード校となる。北信越大会優勝の第1シードの敦賀気比は初戦、丸岡-美方の勝者と対戦する。

⇒夏の福井大会トーナメント表

 第2シードの福井商業は武生工業-奥越明成の勝者と対戦。第3シードの大野は若狭、第4シードの北陸は丹南との初戦を迎える。

 今大会は福井県営球場と敦賀市総合運動公園野球場の2会場で行う。準決勝、決勝はいずれも県営球場で開催される。福井県高校野球連盟は県独自の「緊急事態宣言」期間中は一般客の観戦を認めないと発表している。7月7日に予定していた開会式も中止になった。

 優勝チームは8月9日(月)から甲子園球場で開催される第103回全国高校野球選手権大会に出場する。

■福井大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で全国高校野球選手権福井大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら