大自然が満喫できるツリーハウス=福井県池田町志津原

 福井県池田町志津原の体験施設「ツリーピクニックアドベンチャーいけだ(TPA)」に、宿泊用のツリーハウスがオープンした。コナラやスギの巨木に囲まれて建つハウスはまるで“秘密基地”。専用の屋外テラスやたき火場もあり、大自然をゆったりと満喫できる。「スタンド・バイ・ミー」のBGMが聞こえてきそう―。

 森の中にあるツリーハウスは高さ約2・3メートルのデッキの上に建つ。宿泊定員は最大5人で、2段ベッドが2基とエアコン、冷蔵庫、電子レンジが備え付けられている。デッキの下には木のブランコもある。風呂は近くの渓流温泉「冠荘」を利用する。

 テラスからは池田町の大自然が一望でき、春はサクラ、夏は新緑、秋は紅葉など四季折々の景色が楽しめる。夜空を見上げれば満天の星が観賞できる。夏はカブトムシやクワガタなどの昆虫採集も楽しめる。

 近くにはツリーハウス宿泊者専用のたき火場があり、食料を持ち込めばバーベキューもできる。

 6月1日にオープン。家族連れに人気で、既に夏休みの7、8月を中心に30件以上の予約が入っている。宿泊した人からは「景色が最高だった」「広くて快適だった」と好評という。

 ツリーハウスの整備は、間伐材を有効活用しようとTPAスタッフが企画。地元職人の協力を得て昨年5月に作り始め、1年間かけ完成した。TPAマネージャーの林昌尚さん(31)は「家族や仲間とゆっくり過ごせるプライベートな空間が魅力。大自然の中で、森遊びなど野外活動を楽しんでほしい」と話していた。

 利用料金は6~9月が3万5千円(1泊、税込み)、10~5月が3万7千円(同)。希望者は電話かホームページで予約する。問い合わせはTPA=電話0778(44)7474。