2021年6月23日午前4時15分発表の予想経路図。熱帯低気圧から台風に発達し「台風5号」になる見込み=気象庁ホームページ引用

 気象庁の6月23日午前4時すぎの発表によると、マリアナ諸島付近にある熱帯低気圧(台風の卵)は、24日午前3時までに台風に発達する見込みだ。台風になれば「台風5号」となる。同庁の予想進路を見ると、北寄りに進み、日本に接近する可能性も。26日の土曜日には日本の南、27日の日曜日ごろにかけ本州に接近するおそれがある。

⇒【続報】台風5号(チャンパー)発生

 同庁によると27日午前3時時点で中心気圧994ヘクトパスカル、最大風速23メートル、最大瞬間風速35メートルの予想。北東寄りに進路を変え、28日午前3時ごろには温帯低気圧にかわる見込み。本州付近には梅雨前線が停滞しているため、前線の活動が活発化する可能性があり注意が必要だ。