2012年6月、原発の“寿命”について細野豪志原発事故担当相(当時)は、衆院環境委員会で「40年以上の原子炉は原則運転しない」と説明した。原子炉や設備の劣化状況を踏まえ、安全性...