「海の日」や「スポーツの日」「山の日」が移動されていないカレンダーと手帳

 「東京五輪開催で7、8月の祝日は結局、どうなったの?」。福井新聞の調査報道「ふくい特報班」(通称・ふく特)に質問が届いた。国民の祝日は開閉会式に合わせ、「海の日」「スポーツの日」「山の日」が移動しているが、法改正時期の関係で多くのカレンダーや手帳には反映されていない。皆さん、「7月19日」が祝日になってませんか? それ、情報古いです。⇒7、8月の祝日をカレンダーで見る

 五輪開会式は7月23日、閉会式は8月8日。7月第3月曜の「海の日」は本来なら19日だが、2021年限定で、22日に移動。10月第2月曜の「スポーツの日」も同様に開会式当日に移した。22日から4連休となる。本来8月11日の「山の日」は閉会式当日に移り、8月7日から3連休となる。都心の混雑を緩和し選手らの輸送を円滑にするのが狙いだ。

 東京五輪・パラリンピックの1年延期は2020年3月に決まったが、祝日を移動させる改正五輪特別措置法が成立したのは11月末。このため「21年版カレンダーの印刷をギリギリまで待ったがそれでも5~6月。法改正は反映できなかった」と、カレンダー製造販売の「にしばた」(福井県福井市)の担当者。

 名入れカレンダーの業者でつくる全国カレンダー出版協同組合連合会(東京)は「法律の公布は12月に入ってから。製造スケジュールの関係から、会員各社とも法改正前の暦情報で製作している」という。

 状況は手帳も同様だ。福井県民手帳を発行する福井県庁生活協同組合は「11月の発売に間に合わせるため、印刷は9月末。他県の県民手帳の状況も見て、法改正前の暦情報で製作した」。同生協のホームページで修正データを配布しており、担当者は「忘れずに修正し、注意して使用してほしい」と話している。

 一方、団体などのオリジナルカレンダーには対応が間に合った例も。JA福井県福井基幹支店の営農カレンダーは、掲載内容の確定が20年12月に入ってからとなった。このため法改正内容を反映でき、正しい祝日が印刷された約1万2千部を年末に組合員農家らへ配ったという。

  ×  ×  ×

 福井新聞「みんなで発掘 ふくい特報班」(ふく特)は、暮らしの中で感じた疑問や地域の困りごと、不正の告発といった情報を寄せていただき、記者が取材を進める調査報道企画です。LINEの「友だち」に登録してください。情報提供をお待ちしております。メールやファクス、郵便でも受け付けます。情報源の秘匿は厳守します。 ⇒ふく特ページから「友だち」登録!