昭和7年生まれの小林亜星さんは軍国少年だったと述懐している(「昭和 天国と地獄」朝日新聞出版)。ただ一風変わっていた。国策映画で敵兵が音楽に興じる場面に「山本五十六さんもいいけどジャズもいいな」と思っ...