福井県の新型コロナウイルスワクチン接種センターのウェブによる24時間予約受け付けが6月12日、始まった。同日午後5時までの申し込みは59件。当初見込みより少なく、13日からは電話でも受け付けている。

 予約には市町発行の接種券が必要で、6月30日までは65歳以上が対象。7月1日からは64歳以下の受け付けを開始、優先順位を設けておらず予約が空いていれば7月3日にも接種が可能となる。ワクチンは米モデルナ製で、一度も接種を受けていない18歳以上が対象。予約が確定した人は、市町や医療機関の予約をキャンセルする必要がある。

⇒【一覧】福井県内のワクチン接種情報

⇒【記事】ワクチンの種類、違いは?

 県によると、12日は午前9時からの1時間で30件程度の申し込みがあった。電話で相談に応じるサポートセンター=電話0776(20)0798=には、入力方法などの問い合わせのほか「パソコンやスマートフォンがなく予約ができない」との声が複数寄せられた。

 電話予約はサポートセンターで午前9時~午後5時に受け付ける。土日祝日も開設する。

 接種センターは、福井市大和田2丁目のエルパプラスと同市真栗町の県民健康センターの2カ所。エルパプラスは19日から毎週土日、県民健康センターは26、27日、7月24、25日に開設。両会場とも1日最大300回接種する。県は7月中旬以降に会場を増設する方針で、嶺南を含め検討している。

⇒【記事】職域接種ってなに?6月21日スタート