福井県福井市の繁華街・片町に音楽ホールを開設した芹沢信治さん=同市順化1丁目

 新型コロナウイルス感染拡大で音楽ライブやコンサートが減る中、福井県福井市の繁華街、通称片町に新たなライブハウスがオープンした。オーナーの男性は、解体予定だった築約50年のビルを購入しリニューアル。コロナ禍の直撃を受けながらも、県内の音楽カルチャーの拠点にしようと前を向く。「音楽や飲食を通して、訪れた人を笑顔にする片町のシンボルにしたい」と意気込んでいる。

 男性は、片町でバーを経営する芹沢信治さん(40)=栃木県出身。18歳から全国で弾き語りなど音楽活動をしていた。米国で武者修行する資金を稼ぐため、2004年に半年間の期間工として越前市を訪れた。

 渡米を間近に控えた05年夏、米南部を襲った巨大ハリケーンで目的地が壊滅状態になり一時断念。その頃には音楽仲間もでき、「福井のまちが大好きになっていた」。福井に住み続け、仲間の勧めもあり、06年に片町の「ドリームタウンビル」にバー「Jake(ジェイク)」を構えた。

 店内にステージを備え、県内外のミュージシャンや音楽ファンに親しまれていたが、2019年にビルの所有者から建物を取り壊す意向を伝えられた。当初は移転を考えたが、「自分には思い出の詰まったこの場所しかない」と決意。銀行から融資を受け、19年末にビルを購入しリニューアルに着手した。

 最上階に定員100人規模のライブハウスを置き、「ビルのシンボル」と位置付けた。歌謡バーや飲食店などテナントも決まり、改修を進めていた昨春に新型コロナが県内で拡大した。

 芹沢さんのバーは休業を余儀なくされ、ビル自体も昨年5月ごろを予定していたリニューアルオープンが不透明になった。「これは試練だなと思った」と振り返る。

 ビルの改修は大幅にずれ込み、ライブハウスのオープンは昨年11月になった。以前から交流のあるシンガー・ソングライターの竹原ピストルさんの曲名から「オールドルーキー」と名付けた。

⇒コロナ下で選んだ進路…新人看護師の思い

 コロナ禍の影響は続き、ライブハウスの利用は想定を大きく下回っている。それでも忌野清志郎さんの活動を支えたギタリスト三宅伸治さん、JAYWALKの元ボーカル、中村耕一さんらが福井公演で利用した。

 「今は準備期間と割り切って、コロナが収まったらミュージシャンに良い空間が提供できるように力をためたい」と見据える。音楽以外にも幅広く活用してもらう考えで、「結婚式の2次会やダンスイベント、企業・団体の会合などで気軽に利用してほしい」と話している。