見頃を迎え、青空に映える紫のラベンダー=6月10日、福井県坂井市三国町加戸

 福井県坂井市の「三国ラベンダーファーム」で、ラベンダーが見頃を迎えている。青空が広がった6月10日、訪れた人が一面を鮮やかな紫に染める花と香りを楽しんでいた。

 この日の福井県内は、日中の最高気温が小浜市で33・8度、福井市で32・9度を観測するなど10観測地点のうち9地点で30度以上の真夏日となり、全10地点で今年最高を更新した。 ⇒【もっと写真】ふんわり香るラベンダー畑

 同ファームは、坂井北部広域農道「フルーツライン」沿いにあり、代表の藤井衛さん(58)が約5千平方メートルの畑で3種約3500株を栽培している。見頃は6月20日ごろまで続くという。

 坂井市三国町では10日午前に最高気温29・8度を観測。7月下旬並みの暑さの中、時折吹く風に揺れる花をカメラに収める姿が見られた。毎年訪れるという鯖江市の男性(74)は「ラベンダーが多く咲いている場所は県内では珍しい。小さな花がかわいらしい」と話していた。