福邦銀行が参画したクラウドファンディング「ミラカナ」の仕組み

 福井銀行(本店福井県福井市)と福井新聞社は6月9日、福井県内に特化した地域活動などを後押しするクラウドファンディング(CF)サービス「ミラカナ」の運営に、福邦銀行(本店同市)が参画したと発表した。同行を含めた新たな枠組みでの活動の第1弾として、6月23日にオンラインセミナーを開く。

 ミラカナはCF大手のレディーフォーと連携し、県内で地域活動や商品開発などさまざまなプロジェクトを始める個人や事業者の資金調達を応援するプラットフォームとして、2018年4月に始まった。取り組みは年々拡大しており、20年度は30件が成立し資金調達額は計5087万円に上った。

 福邦銀の参画は、10月に福井銀が福邦銀を子会社とするグループ化に向けた取り組みの一環。福邦銀は顧客事業者らのアイデア、商品開発などの相談に応じ、ミラカナを活用して支援する。

 オンラインセミナーは23日午後3時から、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使って開く。レディーフォーの担当者が「クラウドファンディング成功の秘訣」と題して講演する。関連補助金などの説明もある。定員30人で参加無料。同4時からは個別相談会(要予約)もある。