海生爬虫類にスポットを当てた福井県立恐竜博物館の特別展のチラシ

 福井県立恐竜博物館(勝山市)の特別展「海竜~恐竜時代の海の猛者たち~」(同博物館、福井新聞社主催)が7月16日に開幕する。モササウルス類など絶滅した海生爬虫類にスポットを当てた初の企画で、約80点の標本を展示する。前売り券を全国のコンビニエンスストアや福井県内プレイガイドで販売している。

 注目は同博物館が所蔵する「ティロサウルス・プロリゲル」の全長約13メートルの複製全身骨格化石。

 映画「ジュラシック・ワールド」に登場するモササウルスの仲間で、初めて全体を組み上げて公開する。平たい体形が特徴の「板歯類(ばんしるい)」の一種でカメに似た甲羅を持つ「グリフォデルマ・カンギ」の実物化石(中国・浙江自然史博物館所蔵)など、日本初公開の標本も並ぶ。

 会期は10月末まで。前売り券は7月15日まで販売している。一般1100円、高校生・大学生600円、小中学生400円。通常の入場料より200円割引となる。70歳以上は通常と同じ500円。同博物館は新型コロナウイルス感染防止で予約制を導入しており、前売り券を購入した場合も観覧希望日の入館予約が必要。

 問い合わせは福井県立恐竜博物館=電話0779(88)0001。