2019年7月に福井県の福井市中央公園で初開催され、約1万人を動員したワンパークフェスティバル

 福井県の福井市中央公園を舞台とする野外音楽フェス「ワンパークフェスティバル」の実行委員会は6月1日、7月に予定されていた2021年のフェスを10月をめどに延期すると発表した。全国の新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえて判断した。

 フェスは19年7月に第1回を開催し、2日間で約1万人を県都中心部に動員した。2回目は昨年7月に予定していたが、新型コロナウイルス感染防止のため今年7月3、4日に延期していた。

 感染拡大に伴い、都市部での緊急事態宣言をはじめ近隣県でもまん延防止等重点措置がとられていることを踏まえ「出演者や関係者、来場いただく皆さまに安心してエンターテイメントを堪能いただくために最善の方法を模索した」として延期を判断した。

 3月には出演アーティスト第1弾としてラップグループ「スチャダラパー」など11組が発表されていたが、出演者は再度調整する。チケットの一般販売を一時停止し、昨年分を含め販売済みのチケットは延期後の日程でも使えるように調整するほか、払い戻しに応じる。

 フェスの音楽顧問を務めるジャズバンド「ソイルアンドピンプセッションズ」の「社長」さん=越前市出身=は「悔しい思いは否めないが、今回の延期は前向きな判断だと思っている。2021年秋、福井市中央公園に、万全の体制で皆さまをお迎えすることを約束します」とコメントした。

 延期後の詳細日程やチケット販売再開などは後日発表する。