東京五輪聖火リレーは5月29、30の両日、福井県を舞台に行われ、全17市町(総走行距離32キロ)を181人のランナーがつないだ。ランナーはもちろん、沿道に詰めかけた観客も最高の笑顔。感動の2日間を写真で振り返る。福井新聞D刊では、各地で記者が捉えた紙面未掲載の写真やランナーのコメントを紹介している。

観客に迎えられ、ポーズを取るランナー=福井県あわら市温泉4丁目
聖火ランナーの応援に駆けつけた家族連れ=5月29日、福井県おおい町本郷
手を振り、観客の応援に応えるランナー=5月30日、福井県大野市若杉町
佐藤希望選手のサポートランナーを務めた長男匠君(前列右から2番目)ら地元の子どもたち=5月30日、福井県の越前市武生中央公園
大勢の観客が見守る中、福井市中心部を駆け抜ける聖火ランナー=福井県福井市市順化1丁目から撮影

 ⇒【D刊】紙面未掲載の聖火リレー写真を見る

 

 ■「福井新聞D刊」で聖火ランナーの写真、コメントを掲載!

聖火リレー1日目

【第1区】高浜町ランナー

【第2区】おおい町ランナー

【第3区】小浜市ランナー

【第4区】若狭町ランナー

【第5区】美浜町ランナー

【第6区】敦賀市ランナー

【第7区】南越前町ランナー

【第8区】越前町ランナー

【第9区】鯖江市ランナー

聖火リレー2日目

【第10区】越前市ランナー

【第11区】池田町ランナー

【第12区】大野市ランナー

【第13区】勝山市ランナー

【第14区】永平寺町ランナー

【第15区】あわら市ランナー

【第16区】坂井市ランナー

【第17区】福井市ランナー