JR越美北線

 福井県福井市と大野市を結ぶJR越美北線について、JR西日本が秋のダイヤ改正で減便を検討していることが5月19日分かった。北陸新幹線金沢―敦賀間の開業を2024年春に控える中、沿線には一乗谷朝倉氏遺跡(福井市)や越前大野城(大野市)など観光名所が点在するだけに、大幅減便となれば観光戦略にも影響しそうだ。JR西は小浜線の減便を検討していることも明らかになっている。

 越美北線の減便の検討対象は、福井―越前大野間の18本のうち乗客数が少ない12本と越前大野―九頭竜湖間の全9本で、全体の8割近くに相当する。確定ではなく、効率的な車両運用などを検討した上で方向性を取りまとめ、7月に公表する予定。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、JR西管内の各路線は利用者が激減。大幅な赤字に転落し、収益性の低いローカル線の維持が困難になっていることが背景にある。

 JR西は、大野市と結ぶ乗車券類の委託販売契約を解除する方針も示している。実施されれば九頭竜湖駅で発券機能がなくなる。

 県と福井、大野両市は運行本数の維持を近く同社に要望する方針。