「やはらかき藤房の尖額(さきぬか)に来る 橋本多佳子」。盛りを過ぎてしまったけれど、フジ棚の下を歩くのは心地よい。花はいろいろあっても、優雅さに浸れるのはフジが一番という気がする▼ただし、野山のフジは...