大分県は5月14日、新型コロナウイルスに感染していた1人の死亡と、102人の陽性を確認したと発表した。1日当たりの感染発表数としては過去最多。県内の死者は計32人、感染者は計2768人になった。

 県によると、家族間での感染拡大が目立つという。福祉保健部の藤内修二理事は記者会見し「初めて100人を超える感染者を確認し、重く受け止めている」と話した。

 福井県は5月28日まで独自の「感染拡大特別警報」を発令。県外との往来を控えるよう求めている。全国の緊急事態宣言の実施区域、新型コロナ対応の「まん延防止等重点措置」実施区域は以下の通り。

 【緊急事態宣言】東京都、大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、福岡県(5月31日まで)北海道、岡山県、広島県(5月16日~31日まで)

 【まん延防止等重点措置】北海道(5月15日まで)埼玉県、千葉県、神奈川県、岐阜県、三重県、愛媛県、沖縄県(5月31日まで)石川県、群馬県、熊本県(5月16日~6月13日まで)