東京都は2021年5月9日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1032人報告されたと明らかにした。累計は14万6594人となった。

 大型連休の影響で一時的に感染者数は減少したが高水準で推移しており、変異株の増加による感染拡大が懸念されている。8日には1121人の感染が確認され、1月22日以来の1100人台となった。

 福井県は4月22日に独自の「緊急事態宣言」を発出。全都道府県との不要不急の往来を控えるよう呼び掛けている。全国の緊急事態宣言の実施区域、新型コロナ対応の「まん延防止等重点措置」実施区域は以下の通り。

【緊急事態宣言】東京都、大阪府、京都府、兵庫県(5月31日まで)愛知県、福岡県(5月12日から)

【まん延防止等重点措置】宮城県(5月11日まで)埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、愛媛県、沖縄県(5月31日まで)北海道、岐阜県、三重県(5月9日~31日)