樹木医、籔内昭男さん

 弱った木を診断・治療する「樹木医」の籔内昭男さん(58)=福井県坂井市=に、治療までの流れや木を扱う仕事の面白さを聞きました。

>>取り上げて欲しい職業や質問の投稿はこちら

■大敵はキノコ

―どうやって木を診断するんですか。

 まず木全体を観察します。葉の色や大きさ、しおれているか枯れているか。幹や根なども見ます。次に、日当たりなど、木が植えられている環境を見ます。土の性質や含まれる栄養分は後日検査することもあります。それらの情報から木が弱った原因を突き止めます。

―どんな原因が考えられますか。

 樹木の大敵はカビやキノコ。特にキノコは、何年もかけて徐々に木を腐らせます。木が元気なうちは木の勢いが勝つので腐る部分は広がりませんが、弱ってくるとどんどん広がります。そのほか害虫の被害や、排水が悪いことによる根腐れなどもあります。

―人が原因のときはありますか。

 直接の原因はカビやキノコでも、拡大する要因を作ったのが人であることは多いです。例えば、多くの人が通って根元の土が踏み固められると木は弱ります。根の呼吸に必要な空気が届かなくなり、根が伸びるのに必要な隙間もなくなるためです。枝切りのしすぎや、工事で根を切ったことが原因で弱ることもあります。

■大木は治療に時間がかかる

―どんな治療をするのですか。

 例えば、虫がついたなら農薬の出番。また、土の下に水がたまって根腐れしているなら、水が速やかに流れていくような工事が必要です。キノコが木を腐らせているときは、木がスポンジ状になった部分を取り除き、あとは特殊な樹脂で固めて、腐る部分が広がるスピードを抑えます。一人でできない作業は造園屋さんに頼みます。

―仕事の苦労は?

 一番困るのは、診断したとき既に木が完全に枯れているときです。完全に枯れた木は絶対に生き返りません。松くい虫の被害で多いのですが、見た目は「ちょっと様子がおかしい」程度でも、枯れていることがあります。

―木を相手にする面白さは?

 時間軸が人の世界と違うこと。木の場合、芽生えて、育って、枯れるまで、100年、200年といった時間軸で考えます。木を植えたのが今の持ち主のおじいさんや、もっと前の人のこともあります。それが普通にあるというのが面白いです。

―治療も長い目で見るんですか。

 大木ほど、木が弱る症状が現れるのも、治療の効果が出るのもゆっくりしています。木が弱る原因になったのが20~30年前の出来事であることや、治療効果が出るまで数年かかることもあります。多くの場合、治療後、しばらく悪化した後に回復します。長いスパンで見ていく必要があります。

 次回じかいインタビューするのは、みたいほんさが手助てだすけをする県立図書館けんりつとしょかん司書ししょ田中智美たなかさとみさん。質問しつもんつのっています。投稿フォームからおくってね。りは5がつ16にちです。はなしきたい県内けんない職業しょくぎょうひと募集ぼしゅうします。