第144回北信越地区高校野球福井県大会準決勝・北陸―福井商業 タイブレークの末に北陸を破り、喜ぶ福井商業ナイン=5月3日、福井県営球場

 第144回北信越地区高校野球福井県大会は5月3日、福井県営球場で準決勝2試合を行った。第2試合は福井商業が延長十三回タイブレークの末、北陸を2―1で下し、春季3年ぶりの決勝に進出した。

⇒【写真特集】北陸―福井商業(写真24枚)

福井商業
000  000  000  100  1…2
000  000  000  100  0…1
北陸

■福井商業 廣部航平、南慶二朗―伊藤優志
■北陸 百田璃希、竹田零士―山田大聖

⇒【北陸―福井商業】全打席の結果はこちら

 福井商業は0―0で迎えた延長十回、宮崎智生の二塁打で2死二塁と攻め、川崎優の内野安打が相手の守備エラーを誘い二走生還、待望の先制点をもぎ取った。追い付かれ迎えたタイブレークの十三回、1死満塁から黒田好誠のスクイズで勝ち越し点を奪い、その裏の反撃を抑えて競り勝った。

 先発の右腕廣部航平は制球に苦しんだが、要所を締めて9回1/3を1失点。継投した右腕南慶二朗が3回2/3を無安打で切り抜けた。

 北陸は1点を失って迎えた延長十回裏、矢納弘也が右翼線二塁打を放つと、続く田中陸晴が中前に返しすぐさま同点に。1―1でタイブレークに持ち込んだが、力尽きた。序盤の2度の満塁機を逸したことが響いた。

 先発左腕の百田璃希は粘り強い投球で10回6安打1失点と、福井商業の攻撃を抑え続けた。

■高校野球福井県大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら