「小倉山/峰のもみぢ葉/心あらば/今ひとたびの/みゆき待たなむ」(藤原忠平)。「みゆき」は「行幸(ぎょうこう)」の字を当てる。天皇の外出の意である。百人一首のこの歌は、美しい紅葉をぜひ見てほしいと天皇...