埼玉県で4月22日、2度目の緊急事態宣言が解除されて以降最多となる233人の新型コロナウイルス感染が確認された。県とさいたま、川越、川口、越谷の各市が発表した。

 各自治体によると、さいたま市の伊藤製パン岩槻工場の従業員3人が陽性と判明。同社はホームページで計45人の感染を発表しており、市は寮生活を通じて拡大したとみている。川口市のデイサービス施設では利用者ら17人が陽性となり、同施設の感染者は計20人となった。

 福井県は22日現在、新型コロナ対応の「まん延防止等重点措置」に基づき、次の地域との不要不急の往来を控えるよう呼び掛けている。

 大阪府、京都府、兵庫県、宮城県、沖縄県(5月5日まで)東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県(5月11日まで)