大阪府は4月22日、新型コロナウイルスに1167人が感染し、基礎疾患のない30代女性ら感染した8人が死亡したと発表した。1日当たりの感染発表数が千人を超えるのは3日連続。感染者1人が自宅療養中に死亡していたことも判明し、感染「第4波」に入った3月以降、府が発表した自宅での死者は計9人になった。

 府は自宅での死者の性別や年代、基礎疾患の有無を明らかにしていない。新たに38人が重症となり、重症者数は328人になった。うち56人が病床不足のため、中等症病床などでの治療継続を余儀なくされている。

 1週間の陽性率は8・0%。累計の感染者は7万2250人、死者は1309人になった。

 福井県は22日現在、新型コロナ対応の「まん延防止等重点措置」に基づき、次の地域との不要不急の往来を控えるよう呼び掛けている。

 大阪府、京都府、兵庫県、宮城県、沖縄県(5月5日まで)東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県(5月11日まで)