記者会見する新聞労連の吉永磨美委員長(右端)ら=20日午後、東京・永田町

 フリージャーナリスト北角裕樹さん(45)がミャンマー治安当局に逮捕、訴追されたことを受け、ジャーナリスト仲間らによる有志の会が20日、東京都内で記者会見し、新聞労連の吉永磨美委員長が「即時に解放し、通常の活動に戻れるように求めたい。日本政府も救出に向けて働き掛けてほしい」と訴えた。

 吉永委員長は「北角さんはミャンマーの人々の声を聞いて、心を動かされ、市民に寄り添っていたのだろう。弾圧はあってはならない」とも述べた。学生時代から北角さんと知り合いという東京新聞の望月衣塑子記者も登壇し「黙っていられなかったのではないか」と述べた。