厚生労働省は4月20日、新型コロナウイルスに感染した職員が新たに10人判明したと公表した。3月末時点で老健局に所属していた感染者は計27人に増え、厚労省は、調査している国立感染症研究所が「クラスター(感染者集団)と言って差し支えない」との見解を示したと、明らかにした。職場内の共用部分を通じて感染が広がった可能性がある。

 新たな判明者のうち5人は同局老人保健課が3月下旬に開いた宴会に出席。これまでに7人の感染が分かっており、宴会参加者23人のうち、半数以上の12人が感染した。

 感染者が相次いだことを受けて厚労省が呼び掛けた自主的なPCR検査などにより、感染が分かった職員もいた。老健局職員と4月に転出した職員約180人のうち、155人で陰性が確認できた。保健所の調査のほか、国立感染症研究所が指導、調査を行っており、感染経路については、複数のルートがあり、深夜宴会との因果関係を特定することは困難としている。

 宴会は東京都が午後9時までの営業時間短縮を要請していた3月24日に東京・銀座で開催。職員23人が参加し、午後7時15分から11時50分ごろまで続いた。