第144回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・高志―羽水 八回表、逆転の適時打を放った高志・西野拓実=4月20日、福井県福井市の福井県営球場

 ​第144回北信越地区高校野球福井県大会は4月20日、県内2会場で1回戦5試合を実施。福井県営球場の第2試合は高志が羽水に4―3で逆転勝ちし、2回戦に進出した。

高志
000  000  040…4
200  010  000…3
羽水

■高志 吉田俊太―西野拓実
■羽水 寺岡諒太郎、中川智仁、貴下怜斗―牧野創

 高志は3点を追う八回、相手守備の乱れで1点をもぎ取ると、無死三塁から浅倉一徹が右翼線適時二塁打を放ち1点差に。無死一、三塁の場面で山形颯汰が犠打を決め、一塁送球の間に三塁走者が生還、同点に追い付いた。さらに吉田俊太の内野安打で2死一、三塁の場面を作ると、続く西野拓実がセンターに適時打を放ち逆転に成功した。

 先発の吉田は3点を失うも気合の投球。終盤に得たリードを守って完投した。

 羽水は初回、嶋崎惇仁と吉村陸の連打で一、二塁に走者を置くと、菊本大生がセンター前へ適時打を放ち先制。道場悠飛の犠飛で1点を加え、この回計2点を挙げた。五回には吉村が左前打で出塁し、二盗で好機をつくると、牧野創の中前適時打で加点した。

■高校野球福井県大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら