第144回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・武生商業―奥越明成 五回表、ホームに生還する武生商業・池川虎来=4月19日、福井県福井市の福井県営球場

  ​第144回北信越地区高校野球福井県大会は4月19日、1回戦を実施。福井県営第1試合は武生商業が奥越明成を7―2で下し、2回戦に進出した。

武生商業
101  050  000…7
000  020  000…2
奥越明成

■武生商業 宮谷大也―森松俊太
■奥越明成 猪野陽向、笠川甚哉―雨塚比呂斗

 武生商業は初回、酒井恭吾が中前打で出塁し二盗を決め2死二塁の場面をつくると、続く岡下朔弥が適時打を放ち先制。三回は1死一、三塁から再び岡下の適時打で加点した。五回には1死二、三塁から宮谷大也の適時打で2点を追加すると、相手守備の乱れや壁下凜太郎、森松俊太の連打でこの回計5点を挙げ、奥越明成を引き離した。

 先発の宮谷は五回に2点を失うも大きく崩れず。逆転を許さず完投した。

 奥越明成は7点差で迎えた五回、多田志瑠の左前打などで1死満塁の好機を演出。途中から出場した笠川甚哉が左前適時打を放ち2点を返したが、その後打線が続かなかった。

 ※武生商業は同校と武生商工商業キャンパスとの連合チーム

高校野球福井県大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら