一般病棟の入院ベッド=福井県福井市内の病院

 福井県は4月18日、新たに10~70代の男女19人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者数は、16日と並んで過去2番目の多さ。入院患者は2日連続で最多を更新し、98人(うち2人は宿泊療養施設)と100人に迫った。同施設を除く確保病床(265床)の占有率は36・2%に上っている。

 新たに感染が分かったのは福井市と越前市各4人、永平寺町と鯖江市各3人など8市町18人と兵庫県1人。県は感染経路について、これまでに判明している3系統を含め7系統とみている。

⇒【グラフ】福井県内の新型コロナ感染症患者の推移

⇒福井県内、1つの系統から25人感染

 新規感染者の発表は22日連続で最長を更新、県内感染者は累計で729人となった。