新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 岐阜県と岐阜市は4月17日、計38人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の陽性判明は計5218人となった。

 県によると、既にクラスター(感染者集団)に認定されている教会の集まりの関連で、新たに5人の感染が判明。関係する感染者は計39人となった。また県の検査で、既に陽性が判明した3人の変異株感染も分かった。

 ■「まん延防止等重点措置」の実施区域

 宮城県、大阪府、兵庫県、京都府、沖縄県(5月5日まで)東京都(5月11日まで)