ハンガリーへの新会社設立に関する記者会見で、記念撮影するセーレンの川田達男CEO(右)=4月16日、東京都港区のハンガリー大使館

 セーレン(本社福井県福井市、川田達男CEO)は4月16日、ハンガリー南部のペーチに自動車内装材を製造する新会社を設立すると発表した。高機能で環境負荷が少ない合成皮革シート材をEU市場に供給する。セーレンの海外生産拠点はタイ、アメリカなどに続き8カ国目で、EUでは初の拠点となる。

 合皮シート材の需要が増え、2023年以降の生産能力が不足することから、日本、中国、メキシコに次ぐ生産拠点として整備し、競争力の強化を図るのが狙い。シートメーカーの進出が今後見込まれるルーマニアやトルコなどに対する物流面を考慮し、ハンガリーを選んだ。日系メーカーに加え、欧州メーカーへの販路開拓を目指す。

 新会社名は「セーレン・ハンガリー」。工場が稼働するまではブダペストに拠点を置く。資本金は約1200万円で、セーレンが100%出資する。22年までに約26億円まで増資する予定。代表者には、車輌資材部門海外営業部の竹川徹部長(EUオフィス駐在)を充てる。

 工場は敷地面積約23万平方メートル、土地、設備合わせて約55億円を投資する。21年11月に着工し、22年9月の先行生産、同年12月の量産化を目指す。量産開始時の従業員数は170人。売上高は23年に約88億円、24年に約110億円を見込む。

 都内で会見した川田CEOは「EUは世界で2番目の自動車市場で、非常に大きな可能性がある。アフリカを除くと、世界市場を網羅できる生産拠点ができた」と述べた。同席した駐日ハンガリー特命全権大使のパラノビチ・ノルバート氏は「セーレンがハンガリー・ペーチを選んだことを誇りに思う。長く業務を続けていただけるよう最善を尽くす」と協力を誓った。