『1億3000万人のSHOWチャンネル』に出演する神木隆之介、菅田将暉、仲野太賀 (C)日本テレビ

 俳優の菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀が17日放送される日本テレビ系バラエティー『1億3000万人のSHOWチャンネル』(毎週土曜 後9:00)にゲスト出演。菅田は“やりたい企画”として「俺のキューティクルを取り戻したい!」と美髪サロンへ向かう。かなり手ごわい菅田の髪形はどう変化するのか。スタジオでは菅田の髪型遍歴を紹介。華麗なるヘアチェンジの歴史に一同驚くことに。さらに櫻井局長の髪型遍歴も登場し、櫻井も含めた4人は当時の共演話でも盛り上がる。

【劇中カット】制服姿を披露する菅田&仲野&神木

 同番組では櫻井を局長にすえ、みんなの「やりたい」で作る放送局をコンセプトに今や1億3000万人がクリエイターで誰でも企画を考え発信しうるこの時代に、芸能人や文化人、アスリート、そして視聴者の「やってみたい」「見てみたい」が詰まった企画をどんどん実行していく。今回はこの日からスタートの新土曜ドラマ『コントが始まる』から、菅田・神木・仲野が登場する。

 美容師も髪形に注目していると言われる菅田。演じる役柄によって様々な髪形にする必要があるため、最近では髪の毛のダメージが気になるようで、一度髪の毛をお手入れしたいとのこと。マイクロスコープを使って、毛穴のつまりなど頭皮の状態をチェック…さらに、電子顕微鏡でキューティクルの状態を確認。その後は、傷んだキューティクルを補修するべく、数々の秘密兵器が現れる。約2時間の施術を終えて、果たして菅田のキューティクルは取り戻せたのか。その変化に注目。

 そしてやりたい企画その2ということで、スタジオでは人気YouTuberのフィッシャーズが登場し、ボクシングの動作をしながらスマホのカメラで相手を撮影する「カメラボクシング」に挑戦。櫻井VS菅田、ぼる塾の田辺VS神木、小峠英二VS仲野が大熱戦を繰り広げる。思わぬ写真に思わぬ人が思わぬ形で映っていたりと、みんなで息を切らしながらも大爆笑することに。

 このほかにも神木は小学生の時から抱えていたコンプレックスを克服すべく「逆上がり」に挑む。「逆上がりを成功させて、見たことのない景色を見てみたい!」と意気込む神木は、“先生”と呼ぶ櫻井の前でしっかりできるようになりたいと言う。3000人以上の子どもたちに逆上がりを指導してきた敏腕コーチのもと、さまざまなアイテムを駆使して逆上がりを克服しようとするが…。企画を終えた神木には新しい『称号』が与えられる。 そして櫻井“先生”からの神木への言葉とは。

 出演ドラマが軒並みヒットする仲野は「仲野と言えばこれ!という称号が欲しい」と特技・卓球を極めて「芸能界の卓球王」になりたい、と意気込む。まずそのためには“現・芸能界の卓球王”を打ち破る必要がある…。“現・芸能界の卓球王”さらには、思いがけない刺客まで登場し、デッドヒートを展開。仲野の試合にスタジオも一喜一憂。果たして接戦を制したのは誰なのか。仲野は「芸能界の卓球王」という称号をゲットすることはできるのか。