会話時のマスク着用の徹底を呼び掛ける杉本達治知事=4月16日、福井県庁

 4月16日に新型コロナウイルス感染が発表された福井県内の19人のうち、17人が一つの系統に含まれている。この系統の感染は14日から順次明らかになり、この3日間で福井市と大野市の計25人に広がった。福井県によると、会食時にマスクを外して会話する機会があったといい、感染拡大につながっているとみられる。

 大阪府からの来県者と行動を共にした感染者を含む「約10人の集まり」(県幹部)から、16日までに計7人の感染が明らかになった。集まりは飲食する場面があり、マスクを外して会話した人もいたという。

 この感染者のうち数人が、福井市内の二つの飲食店を利用。従業員は少なくとも3人が感染し、従業員と接触があった人も陽性が判明している。感染者の知人や家族、同僚にも感染が広がっている。

 ⇒【関連】福井県が初の「コロナ特別警報」

 ⇒【D刊】福井県内で変異株猛威

 ■福井県内の感染情報、メールで速報

 福井新聞D刊では、福井県内の新型コロナウイルスの感染情報をメール速報しています。 ⇒申し込みはこちら