座席を回転してさまざまな用途に対応できる京浜急行電鉄の新造車両=15日午前、京急蒲田駅

 京浜急行電鉄は15日、座席が回転してさまざまな用途に対応できるよう内装をリニューアルした車両を報道陣に公開した。主力の「1000形」を基に2編成を新造し、うち1編成を5月6日から運行する予定。貸し切りイベントや座席指定の列車などとして活用でき、全座席にコンセントを備えた。

 京急によると、普段は座席を窓と平行にして車内を行き来しやすくし、一部の時間帯では進行方向を向くよう回転させて有料指定席車両にする。防犯カメラやバリアフリーのトイレも設置した。

 12席が車座になるようレイアウトでき、過去に実施した「ビール飲み放題列車」のようなイベントにも活用する。