平安時代の名随筆「枕草子」の作者清少納言は、三十六歌仙の一人清原元輔の娘。一条天皇の皇后定子(ていし)に仕えた才女で、歌人としても名を知られ、小倉百人一首に選ばれている▼「夜(よ)をこめて鶏(とり)の...