福井県庁

 福井県は4月14日、新型コロナウイルスに感染し入院していた県内の80代女性が死亡し、新たに福井市、越前市、坂井市の20~90代の男女10人が感染したと発表した。新規感染者の発表は18日連続で、県が3日に独自の「感染拡大警報」を発令した後も歯止めがかからない状況。14日の記者会見で窪田裕行健康福祉部長は「対策徹底を呼び掛ける期間の延長をお願いすることになると思う」と説明し、16日までとしていた警報を延長する方針を明らかにした。

 県内の感染者は累計で675人、死者は28人。