篠山竜青選手

 日本バスケットボール協会は4月14日、東京五輪の男子日本代表候補32人を発表し、福井県勢は篠山竜青(北陸高校出身、川崎)が選ばれた。Bリーグのシーズンを終えた選手を集め5月末から合宿を予定。最終登録メンバー12人に向け絞り込みが本格化する。

 篠山は日本代表の主将経験があり、周りを生かすパスワークが持ち味のポイントガード(PG)。PGは他に富樫勇樹(千葉)や22歳の成長株テーブス海(宇都宮)ら5人が選ばれた。米プロNBAの八村塁(ウィザーズ)と渡辺雄太(ラプターズ)も名を連ねた。