かれんな花を咲かせ見頃を迎えたヤマブキ=4月14日、福井県越前市余川町の万葉の里味真野苑

 万葉集の歌に詠まれる「万葉植物」のヤマブキが、福井県越前市余川町の万葉の里味真野苑で花を付け始めた。かれんな黄色の花が水路沿いに彩りを添えており、4月いっぱいは楽しめそう。

 万葉集にはヤマブキを題材にした歌が17首収められている。越前市ゆかりの歌人大伴池主も、尊敬する人物への思いをヤマブキに重ねて詠んだ。

 同苑を管理する市万葉菊花園の職員が、2019年春に苑内で自生する1株を見つけた。万葉植物の一種であると知り、同年夏に追加で20株を植え手入れしている。職員の女性(54)は「順調に育って5年後、10年後に苑の新たな名物になってほしい」と話している。