クレーン車のタイヤ部分が破裂、飛散するなどして損傷した建物=4月12日午後4時50分ごろ、福井県敦賀市木ノ芽町

飛散したとみられるタイヤ

 北陸電力送配電(本社富山市)は4月12日、福井県敦賀市内で同日行っていた配電線工事中にクレーン車が誤って送電線に接近、電流が流れた影響でタイヤ部分が破裂、飛散し、周辺の民家と倉庫計3軒の窓ガラスや外壁が破損するなどの被害が出たと発表した。住民や作業員にけがはなかった。

 このトラブルにより、関西電力美浜原発など6件に供給していた特別高圧、高圧の電気が約15秒間停電した。

 北陸電力送配電によると、同日午前9時45分ごろ、敦賀市中で配電線の電柱の建て替え工事に当たっていたクレーン車がアームを伸ばした際、高さ約21メートルにあった電圧7万7千ボルトの送電線に接近、地面に電気が漏れる「地絡」が起きた。

 この影響で、クレーン車の直径約1・2メートルのタイヤ4本のうち3本が破裂。ホイールを固定する直径約60センチの金属製リング3本が吹き飛び、最大で約30メートル離れた場所に飛散したという。

 近くの倉庫外壁のトタンと窓ガラスが損壊し、NTTの電柱が折れた。さらに周辺の民家2軒の窓ガラスや外壁、軽乗用車にも被害が出た。作業員6人は無事だった。

 同社は「地元の皆さまや関係者に大変なご迷惑をかけ、深くおわびする。再発防止に努める」とコメントした。