JR越美北線美山駅に停車する「ドクターWEST」=4月3日午後1時20分ごろ、福井県福井市境寺町

 「JR小浜線で銀色の車体に黄色のラインが入った見たこともない列車が走っていた」。福井新聞の調査報道「ふくい特報班」(通称・ふく特)に情報が寄せられた。JR西日本金沢支社によると、福井県内の路線では年数回しか走行していない軌道点検用の車両だった。

 4月2日午後0時50分ごろ、福井県高浜町でJR小浜線の線路脇を孫と散歩していた住民が目撃した。窓は少なく「JR西日本」と大きな文字で書かれていたという。

 同金沢支社によると、この時間帯にJR小浜線を走行していたのは検測用車両「キヤ141」。JR西日本が2006年から軌道点検などを目的とし、管内中心に広域で検査している。ファンには「ドクターWEST(ウエスト)」の愛称で知られている。

 県内ではJR北陸本線や越美北線でも使用されており、3日午後には越美北線美山駅でも目撃された。

 2両編成で、車内に座席はなく検測装置が並ぶ。最高時速は100キロ。走行しながらレールのゆがみや信号設備の確認などを行う。小浜線では年に2回検査を実施している。

 黄色い新幹線として知られる検測用車両「ドクターイエロー」は時刻表に掲載されておらずめったに見られない。このためファンの間では「見ると幸せになれる」と言われる。在来線版「ドクターイエロー」も運行予定は公表していない。見かけたら何か良いことがあるかも。

  ×  ×  ×

 福井新聞「みんなで発掘 ふくい特報班」(ふく特)は、暮らしの中で感じた疑問や地域の困りごと、不正の告発といった情報を寄せていただき、記者が取材を進める調査報道企画です。LINEの「友だち」に登録してください。情報提供をお待ちしております。メールやファクス、郵便でも受け付けます。情報源の秘匿は厳守します。

⇒ふくい特報班「友だち」登録はこちら