御殿場ジャンクションで利用できないルート(NEXCO中日本ホームページ引用)

 静岡県御殿場市の新東名高速道路の御殿場ジャンクション―新御殿場インターチェンジ(IC)間、7・1キロが2021年4月10日、開通した。御殿場市と山梨県の東富士五湖道路方面をつなぐ国道138号のバイパス5・2キロも同時に開通し、静岡―山梨両県間のアクセス向上や、御殿場市周辺で多発する渋滞の解消が期待される。

 バイパスと新御殿場ICは連絡路で接続する。中日本高速道路によると、新東名とバイパスの開通によって、神奈川県の箱根や静岡県の伊豆、山梨県の富士五湖周辺など、3県の観光地を巡る周遊ルートの利用増加が見込まれる。

 一般開放に先立ち10日午前に開かれた開通式で、山梨県の長崎幸太郎知事は「横浜港や羽田空港につながっていく道ができて、意義深い」とあいさつ。静岡県の川勝平太知事も、産業や観光面での山梨県との連携強化に期待を示した。

 神奈川、愛知両県を結ぶ新東名の未開通区間は、新御殿場IC―伊勢原大山IC(神奈川県伊勢原市)となった。中日本高速は2023年度の全線開通を目指している。