城山三郎さんの小説「官僚たちの夏」の主人公で通商産業(現経済産業)省の風越信吾が、吹聴する。「おれたちは、国家に雇われている。大臣に雇われているわけじゃないんだ」▼小説の時代設定は高度経済成長期の19...