福井鉄道の運転士、清水大輔さん

 福井鉄道の運転士、清水大輔さん(22)に、電車の運転の面白さや難しさを聞きました。

>>取り上げて欲しい職業や質問の投稿はこちら

■車両の「癖」踏まえ運転

―運転していて楽しいことは?

 ブレーキの利き具合や加速の速さは、車両ごとに「癖」があります。お客さまの人数や天候でも変わります。そういった状況を踏まえてうまく運転できたときは楽しいですね。

―福鉄の車両はいくつあるんですか?

 フクラムやレトラムも合わせて14編成です。だいたい1時間に4本走っているので、車両はフル活用です。運転士は24人います。

―運転で気をつけることは?

 路面区間があるので、並走する車に気をつけます。車の動きを先読みして、危なそうなら警笛を鳴らして電車の存在を知らせたり、ブレーキをかけたりします。特に右折車と、救急車や消防車といった緊急車両には注意します。

 とにかく焦らず、平常心を保つように意識して運転しています。時間に追われて、ブレーキをかける距離が短くなりすぎると、止まる場所を通り過ぎる「オーバーラン」になってしまいます。

■運転前、くまなく目視で車両点検

―1日の仕事の流れを教えてください。

 出勤したら、まず点呼をします。臨時列車の確認や、アルコール検査などを行います。その後、自分が乗る車両を駅で30分かけて点検します。点検が終わったら出発。1勤務で、越前武生駅と田原町駅をだいたい3往復しておしまいです。

―点検では何をするんですか?

 車両をくまなく目視で確認します。特に大事なのは、車輪がついている「台車」の部分。異物があると脱線の恐れがあります。

―始発は朝早いですよね。

 始発と2本目の電車の運転士は、駅に泊まって運転に備えます。越前武生駅の場合、午前5時50分発の普通電車が始発。5時過ぎに出勤するため、4時半には起きます。

■操作を体に覚えさせる

―運転はどうやって学ぶんですか?

 「指導運転士」から操作を習い、体が覚えるまでひたすら運転します。お客さまを乗せずに、越前武生駅から田原町駅まで練習のために運転します。

―昔から電車が好きだったんですか?

 物心ついたときから好きでした。駅のメロディーや、電車のモーター音が好きです。ずっと、何かを運転する仕事に就きたいと思っていました。小学校の頃は電車の運転士。中学校は、バスの運転手か郵便配達の人。そして高校を卒業後、福鉄に入社して電車の運転士になっています。

 

次回のお知らせ

 次回じかいインタビューするのは、よわった診断しんだんして治療ちりょうする樹木医じゅもくい籔内昭男やぶうちあきおさん。質問しつもんつのっています。投稿フォームからおくってね。りは4がつ11にちです。はなしきたい県内けんない職業しょくぎょうひと募集ぼしゅうします。おくってくれたひとにはステッカーをプレゼントします。