特急サンダーバード

 JR西日本は3月19日、ゴールデンウイーク期間(4月23日~5月9日)の運転計画を発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で運転を見合わせていた在来線特急について、管内全体で1日当たり72本増やして運行すると発表した。

 サンダーバードは、上下線で現在の1日当たり28本運行から22本増やし50本とする。北陸新幹線は、富山―金沢間のつるぎを平日28本から36本とする。

 また、3月の週末を中心とした期間については利用増が見込まれることから、サンダーバードを上下線で5本、北陸新幹線のつるぎを3本増やす。