【モスクワ共同】ロシア宇宙当局は20日、福井県が企画した超小型人工衛星「すいせん」を搭載したソユーズロケットの打ち上げを延期すると発表した。技術的な問題を理由としている。インタファクス通信が伝えた。カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げる予定だった。

 打ち上げは同基地で21日に行われる見通し。ソユーズにはすいせんなど日本の衛星を含む世界18カ国の38基が搭載されていた。

 すいせんの打ち上げは、自治体が製造や衛星データ活用の計画を主導した全国初の取り組みとして注目されている。