山口茜選手

 バドミントンの全英オープンは3月17日、英国のバーミンガムで開幕して各種目の1回戦が行われ、シングルス女子の山口茜(福井県立勝山高校出身、再春館製薬所)、奥原希望(太陽ホールディングス)はストレート勝ちした。男子では2年ぶりの優勝を目指す桃田賢斗(NTT東日本)がインド選手に2―0で勝ち、2回戦に進んだ。交通事故に巻き込まれて負傷した昨年1月以来の国際大会復帰。

 ダブルスの女子は2連覇を狙う福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)が不戦勝。永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は快勝した。男子で昨年の大会を制した遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)、園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)、混合で3年ぶりの優勝に挑む渡辺、東野有紗組(日本ユニシス)も順当に勝ち上がった。

 今大会には強豪の中国、韓国、台湾勢らは参加していない。