全国高校選抜大会などの日程・会場

 全国高校選抜大会は3月19日に始まる柔道と自転車トラック種目を皮切りに、3月下旬にかけ全国各地で集中開催される。2020年は新型コロナウイルスの影響で全競技が中止されたため2年ぶりの舞台となる。福井県勢は21競技に臨む。

 2年前の前回大会で3種目を制したボートは美方など4校9クルーが入賞を誓う。ソフトボールは男女アベック出場の啓新が必勝を期し、テニスは北信越大会で11年ぶりに優勝した男子北陸が表彰台をうかがう。

 個人競技では体操の鯖江勢に期待。昨秋の全国高校総合体育大会(インターハイ)代替大会で個人総合優勝を果たした女子1年の宮田笙子が頂点を狙う。5人が出る男子も多くの入賞をつかみたい。

 重量挙げは男子81キロ級で昨年に県高校新記録を樹立した杉谷優太(星槎国際)が優勝を目指す。自転車や卓球、バドミントンなどにも有望選手がおり活躍に期待がかかる。

 昨年はインターハイや国体も中止となり、多くの競技は久々の全国大会になる。ボクシングは中止した選抜大会の代わりに特別大会を開催。ライフル射撃は開催を取りやめ代替大会を模索している。