第14回坂井市古城マラソン=2019年6月2日、福井県坂井市丸岡町

 福井県坂井市は3月9日の市議会一般質問で、11月7日に予定する古城マラソン大会(市、市教委、市スポーツ協会主催、福井新聞社共催)について、新型コロナウイルス感染症の情勢を踏まえ、エントリーを県民限定にすることも想定し、8月の募集開始までに判断すると説明した。

 辻人志議員(政友会)への答弁。

 大会はコロナ対策に伴う熱中症のリスクを考慮し、例年の6月から11月に変更した。前回大会のエントリーは3716人で、うち県外は793人だった。

 理事者の説明では、スタート地点のランナーの密集を回避するため、タイム計測を従来のスタートの号砲からではなく、スタートラインの通過後に計測を始めるネットタイム方式に変更する。

 参加種目と種別はハーフ、10キロなど例年と同様にするが、スタート時間を細分化する方針。ゼッケンは事前に送付し、当日の受け付けは取りやめる。

 接触を避ける選手の動線設定や検温方法など実行委で今後詳細を詰めていく。