カプセルの中身を確認する卒業生=3月6日、福井県敦賀市泉の国道8号

 15年前に福井県敦賀市田結の国道8号バイパス「田結トンネル」壁面に赤崎小学校児童が設置したタイムカプセルが3月6日、開封された。当時6年生だった卒業生3人が立ち会い、懐かしの思い出に浸っていた。

 福井河川国道事務所がトンネル南側上部に設けた専用のくぼみに保管していた。この日は回収のため、バイパスを片側交互通行に規制し、卒業生1人が作業員と一緒に高所作業車で紙袋に入ったカプセルを取り出した。

 開封した3人は、当時の全校児童15人分の手形や自分宛ての手紙などの束を確認。自分宛ての手紙で「夢は保育士」と記していた保育士の女性(26)=同市=は「夢がかなっていて驚いた。だんだん思い出がよみがえってきた」と笑顔だった。

 残り12人分の思い出の手紙などは実家に届けるという。