千葉県知事選に立候補した熊谷俊人前市長(43)の辞職に伴う千葉市長選が7日告示される。元副市長神谷俊一氏(47)と元市議小川智之氏(47)、共産党県中部地区常任委員大野隆氏(51)=共産推薦=の無所属新人3人の戦いとなる見通し。3期続いた熊谷市政への評価や新型コロナウイルス対策が争点で、投開票は知事選と同じ21日。

 立憲民主党と公明党の市議団は、熊谷氏の下で副市長を約3年間務め、事実上の後継候補となる神谷氏を支持。自民党は同党市議団に所属していた小川氏と、神谷氏との間で支持が割れ、分裂選挙となる。