2014年のクラブワールドカップ3位決定戦で攻め込む岩田卓也=2014年12月、モロッコ・マラケシュ

 サッカー北信越リーグ1部の福井ユナイテッドFCは3月4日、神奈川県2部リーグの「はやぶさイレブン」からDF岩田卓也(37)が完全移籍で加入すると発表した。ニュージーランドのチームで、クラブチーム世界一を決めるクラブワールドカップ(W杯)で3位に入った実績がある。

 岩田は愛知県出身で身長173センチ、体重69キロ。岐阜工業高校、浜松大学、FC岐阜などを経て、2010年から約10年間、ニュージーランドやオーストラリアのアマチュアクラブを渡り歩いた。

 12年にニュージーランドのアマチュアリーグ所属の強豪オークランド・シティに入団すると、17年までオセアニア代表でクラブW杯に6年連続で出場。14年大会では全4試合にフル出場し世界3位に貢献した。20年、はやぶさイレブンに移籍し、日本復帰を果たした。

 岩田は「ピッチ内外で福井を盛り上げたい。今年は必ず日本フットボールリーグ(JFL)に昇格し、感動を分かち合えるよう頑張りたい」とのコメントを発表した。