愛知県で3月3日、55人の新型コロナウイルス感染が確認された。うち名古屋市での確認が33人。県と名古屋市は感染した5人の死亡を発表した。県内の感染確認は計2万5999人、死者は計531人となった。大村秀章知事は3日の記者会見で、入院患者の約4分の3を70歳以上の高齢者が占めていると明らかにした。2日現在の入院者は323人。

 県は、2月に特別養護老人ホームなど73の高齢者施設で、利用者や職員の感染が新たに確認されたとの調査結果を発表。2月の高齢者施設での感染者は計284人だった。感染が10人以上のクラスター(感染者集団)は7件発生した。1月に比べ、施設数が約54%、感染者数は約33%減少した。